お金を借りる理由で困っている人に推奨したい!

お金を借りる理由で困っている人に推奨したい!

お金を借りる理由対応サイト

事業用資金を調達するために消費者金融会社のビジネスローン審査を比較する

企業や個人事業主が事業用資金を調達したい場合にはビジネスローンを利用するのが合理的です。

 

カードローンには消費者金融系と信販会社系、銀行系があります。消費者金融系と信販会社系であれば事業用資金にも活用できますが、貸金業法が適用されるので総量規制の対象となります。そのため年収の3分の1を超過する融資ができません。

 

銀行系のカードローンは総量規制の対象外なので多額の融資を受けることができますが、事業用資金には使えないのが通常です。

 

消費者金融会社や信販会社、銀行はそれぞれビジネスローンサービスを展開しています。特に消費者金融会社と信販会社のビジネスローンは銀行と同様に総量規制の対象外でありながら、事業用資金としても活用できるというメリットがあります。

ビジネスローンを審査を比較するとどうか

ビジネスローンの審査を比較すると銀行系より消費者金融系などの方が緩やかです。

 

銀行系外のカードローンと審査を比較すると総量規制が適用されず融資限度額に法的な制限がないことから厳格に行われます。しかし銀行が提供するビジネスローンよりは緩やかなので急いで経営資金が必要な場合に最適です。

 

実際の審査では業歴が重視されます。一般的に銀行の場合には2年以上の業歴が求められますが、それ以外であれば1年以上で足りる場合もあります。銀行が提供するビジネスローンは審査後に融資が実行されるまでの時間が長いという傾向が見られます。

 

銀行以外の場合には迅速に融資を受けられるというメリットが存在します。

 

ビジネスローン審査比較が参考になりました。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧




サーと
テーマ
最近の投稿